宅建攻略サイト予備校につて

宅建を予備校で攻略するには

宅建を予備校で勉強する人は、「知識がなく、お金と時間に比較的余裕がある」
場合です。

予備校の場合、ライブで講義が聴け、同じ目標を持つ仲間が出来る可能性もありますが、 その分お金と時間がどうしても必要になります。

予備校で一から宅建の知識を学ぶとなると10万円以上必要で、
通学しなくてはいけないこともあり、ある程度時間も確保しなければいけません。

もし、あなたが社会人だとすれば、仕事が終わってから通学することになりますが、 講義がはじまるのは、遅くても19時くらいでしょう!
だとすれば、場所にもよりますが、会社を18時30分には出なければいけません。

しかし、社会人は、突然の残業や用事などが出来る事は日常茶飯事なので、
毎回その時間に通学するのは困難です。

また、予備校は基本的に都心が中心なので、会社が都心から離れていれば、
現実的に通学は不可能となります。

それともう一つ問題なのは、
最近はビデオ講義にしている予備校もあるという事です。

予備校のホームページを見ると、ビデオ講義にしている理由を良いように言っていますが、 実際は、通学する生徒が少なくなり、
講師を常駐させとく軽費が出せなくなったからです。

予備校のメリットは、ライブで講義が聴ける事ですので、
それがなければ、通信講座を受講した方が効率的ですし、受講料も安くします。

しかし、ここでお話したことを全て解決できれば、
予備校は非常におすすめできる勉強法です。

学校にもよりますが、実際問題、予備校が最も合格の可能性を高める
勉強と言えると思います。

ただ、その分のリスクも高いと言う事です。

最後にもう一つお話しときたいのですが、予備校に受講したからといって、
学校の勉強だけでまかなえるわけではありません。

宅建に合格するためには、自宅で勉強する必要があります。
そのことは忘れないで下さい。


>>無駄な時間を省いて宅建に合格できる教材なら<<