宅建攻略サイト通信講座につて

宅建を攻略するための通信講座選び

はじめにお話しておきたいのは、今あなたが持っている通信講座の概念を捨ててください。
例えば、有名な会社だから安心とか、受講料が高ければ内容が良いとかです。

他の業界ならいざ知らず、通信講座ではそのような概念は当てはまりません。
理由を説明すれば、サイトの趣旨と変わるので、詳しくは話しませんが、
要するに通信講座と呼べる会社が多くないので、
サービスや価格の競争が少ないからです。

では、良い通信講座の共通点を紹介します。
これからお話しするポイントは、中身の確認できない通信講座でも、
ホームページを見ればわかるので、誰でも簡単に見つけられます。
そして、そのポイントがホームページに掲載されていなければ、
候補から外せば良いのです。

1、DVD講義が付いている
DVD講義は、講師が黒板を使いながら説明してくれるので、記憶効果が高まり、
学習効果も高くなります。(パソコンでも良い)

2、CD講義が付いている
やはり講義は講師の顔や黒板を見ながら学習することで、
視覚効果やイメージが高まり 効率的に知識を吸収していけます。
しかし、通信講座を受講する人は、常に自宅で勉強できるとは限らないので、
外出先でも勉強できるCD講義も必要です。
ただ、あくまでも基本は、DVD(パソコンも含む)だと理解し下さい。

3、DVD講義は通信講座専用のハイビジョン撮影が基本
通信講座を受講した事がない人はわからないと思いますが、
予備校がやっている通信講座では、
教室の講義をそのまま撮影しているものがほとんどです。

しかし、そのような講義は臨場感に欠け、学習効果が落ちてしまいます。
また、講義を実際に受けている感覚にならないので、見ていて眠くなります。

ですが、通信講座専用にハイビジョン撮影しているものなら、
マンツーマンで講義を聴いているような迫力があり、
記憶効果が高まって効率的に且つ深く 知識を理解していけます。

4、テキストは図表化され、フルカラーになっていること
フルカラーになっていることで記憶効果が高まり、わかりやすいテキストというのは図表で解説されています。
対して、白黒で文字中心のテキストだと記憶効果も低く、
モチベーションも下がります。

5、通信講座専門校であること
通信で合格させるためには通信独自のノウハウが必要になります。
予備校などの通信は上記で説明したポイントになっておらず、
教室をかかえているため受講料も高くなります。
ですので、通信講座は通信講座専門校を受講し、
予備校は通学することがベストです。

6、e-ランニングが付いている
e-ランニングとは、インターネットの学習システムのことで、
パソコン上で問題が解けたり、カリキュラムを組めたりします。
誤解している人も多いのですが、掲示板や重要事項のお知らせしか機能がないものはe-ランニングと言いません。
あくまでも、インターネット上で勉強ができるシステムのことです。

7、質問に対応している
たぶん今の通信講座で質問に対応していないところはないと思います。
もしかしたら、対応していないところもあるかもしれないので、
ポイントして載せておきます。


>>無駄な時間を省いて宅建に合格できる教材なら<<